So-net無料ブログ作成
検索選択

吉田神社 節分祭 [日記]

奥に見えるのは、京都大学の時計台。

京大正門前の東一条通りにずらりと並ぶ露店は学祭の便乗組とかじゃなくて、吉田神社の節分祭の露店。なんでも800店は出てるといいますから、それだけ人が集まるということですね。

DSCF1598.jpg

昨日の日曜日、吉田神社の節分祭にお参りに行ってきました。

 


京大の正門のすぐ近くに一の鳥居があり、吉田山への登り口あたりに二ノ鳥居があります。

DSCF1591.jpg

吉田神社の節分祭は、室町時代に始まる伝統行事で、毎年約50万人もの参拝者が訪れるといいますから、初詣の有名神社のようなにぎわいです。僕も子供の頃から親に連れられてよく来たものですが、いつもは夜にお参りすることが多かったので、こうやって昼間に来ると少し印象が変わります。

 

 

DSCF1531.jpg

バスも人でいっぱいだし、東山三条からブラブラと歩いてきた僕たちは、南参道から大元宮へ向かいました。こっちは表参道と違って、ほとんど人は通ってません。すいすい歩けるしこっちから上ります。節分の参拝者のほとんどが表参道を通られると思われるので、ふつうとはお参りする順番が違うかもしれませんがお許しを。冒頭の京大や二ノ鳥居の写真も帰り道で撮ったものです。

DSCF1540.jpg

この吉田神社、元々は859年に春日大社の四柱の神様を勧請したのが始まりといいます。その後、寛永5年(1665年)、徳川幕府が発布した諸社禰宜神主法度といものにより、吉田神社の宮司家である吉田家は全国の神社の神職の任免権(神道裁許状)を持つようになり、その後明治になるまで全国の神社に大きな力を持つことになったそうです。


DSCF1541.jpg

室町後期に吉田兼倶(よしだかねとも)が『吉田神道』を創始し、全国の神を祀る大元宮(吉田神社の末社)を建てました。一つ上の写真だとわかりにくいのですが、大元宮は『平面八角形、屋根を入母屋造茅葺とし、背後に平面六角形の後房を付す』変わった形式の社殿です。

境内に入ると、旧国名と現在の都道府県名の対照表が貼ってありました。

DSCF1543.jpg

社殿のまわりには、こうして各国の神々、全国の延喜式内3132社が並び祭られています。

DSCF1563.jpg

大元宮から吉田神社への坂道の両側にもびっしりと露店が並び、その間の狭い通路を押し合いながら下っていくと、途中に末社の山蔭神社や菓祖神社があります。山蔭神社は吉田神社の創始者であり、四条流庖丁道の創始者とされる藤原山蔭が祭られています。山蔭神社は料理人の方々から、菓祖神社は菓子の神(菓祖)として製菓業者の信仰を集めているそうです。ただ、両社とも昭和になってから建立されたそうで、それほど歴史はあるものではありません。

DSCF1565.jpg

日曜日ということもあって今年は人が多くて行列ができていたのですが、僕たちは菓祖神社でお菓子とお茶をいただいて一休み。

 DSCF1561.jpg

山蔭神社には河道屋のれん会の『年越しそば』のお店が出ています。『年越しそば』の呼び名は、旧正月の年越しだとか、節分を越えるときに食べるからだとか、いろいろ聞きますが、はっきりとは知りません^^。今年は暖かい節分でしたが、底冷えの寒~い夜に来ると、このそばは暖かくて美味しいんです。

DSCF1572.jpg

ここまででだいぶ歩き疲れてしまいましたが、ようやく吉田神社の本殿へたどり着きました。写真は火炉祭(かろさい)の火炉。直径5メートル高さ 5メートルもの巨大な八角柱型で、参拝者が持参した古い神札が納められ3日の午後11時から燃やされます。

DSCF1581.jpg

2日の夜にはここで追儺式(ついなしき)が行われます。「鬼やらい」と呼ばれてますが、未だに生では見たことがありません。よっぽど気合いを入れないと、見れる場所には行けないでしょうね。トライしたこともありませんが…。


吉田さんでも「福豆」が"授与"されていますが、「厄除け福当たり抽選券」がセットになっています。

DSCF1575.jpg



こんな感じで抽選券がついています。これまで当たったことはありません。ちなみに抽選券に聖護院八ツ橋の広告がついていますが、聖護院八ツ橋を経営している鈴鹿家は、吉田神社の社家にあたる名家ですよね…。

DSCF1559.jpg



本殿横には、京都のさまざまな会社から集められた商品が飾られています。

DSCF1573.jpg



やっぱり狙い目はこれか!

DSCF1574.jpg



古来より吉田神社のみに伝わり、悪病災難除の"全国唯一の特殊な神符”という『疫神斎』(えきじんさい)をいただいて帰りました。後水尾天皇の御宸筆だそうで、節分の間だけ授与されるこの『疫神斎』は家の玄関にはって厄除けとします。
この『疫神斎』を含めて、ここ吉田神社では節分祭中は神札神符からおみくじまで、梔色(くちなしいろ)に染められています。梔色は古くより魔除けの力があると言われているそうです。

DSCF1620.jpg


吉田さんの節分が終わると、厳しい冬もあと少しって気分になります^^。




本殿から吉田山を降り、一ノ鳥居を出ると冒頭の京大の正門。ここからは露店で歩きにくい東一条通を避けて、京大構内を歩いて百万遍へ抜けるのが楽ちんです。というか、日曜日ということもあって、学生よりそんな人しか歩いてません。

DSCF1599.jpg


時々テレビにも紹介されるカフェの”カンフォーラ”は一般客で行列ができてました。確かに露店で何か食べることを思えば、コストパフォーマンスは抜群ですね。

DSCF1600.jpg


百万遍のバス停も混んでたので、出町柳から京阪に乗ろうと歩きました。ついでなので、少しくらい行列に並んででも、出町ふたばの豆餅でも買って帰ろうかと思って行ってみたのですが、いつもにも増しての大行列。豆餅はまた近くの百貨店での出張販売時に買うことにしてここは退散。

DSCF1610.jpg


豆餅はゲットできなかったものの、空は青く、暖かくいし、とても気持ちがいいので、電車に乗るのはやめて、鴨川を三条までブラブラ歩きました。

DSCF1614.jpg

地図ソフトで経路をなぞったら、地下鉄東山駅~吉田神社~出町柳~地下鉄市役所前駅で、8kmほど歩いてました。
なかなかの運動になりました^^。

 

 

 


<<追伸>>

 

前記事で くにちゃん さんにご指摘いただいて気づいたのですが、このブログも500記事になりました。
時の流れは早いものですね。これからもボチボチ書いていこうと思いますのでよろしく。

 


nice!(113)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 113

コメント 14

yakko

こんばんは。
501記事、オメデトウございます(*^_^*)
by yakko (2013-02-04 23:05) 

藤並 海

おめでとうございます
これからも楽しみにしています(^^
by 藤並 海 (2013-02-05 00:54) 

ryuyokaonhachioj

500記事突破おめでとうごじます。
吉田神社節分祭は盛大に行われたんですね。
by ryuyokaonhachioj (2013-02-05 05:23) 

beny

 500記事とちょうど節分ですね。楽しみにしております。
by beny (2013-02-05 08:19) 

せつこ

500記事突破おめでとうございます^^
モダン焼ってなあに?
by せつこ (2013-02-05 10:26) 

ふーみん

500記事突破おめでとうございます。

吉田神社が節分でこんなに有名だとは
初めてしりました。
by ふーみん (2013-02-05 12:04) 

ソニックマイヅル

500記事おめでとうございます。^^;
by ソニックマイヅル (2013-02-05 14:54) 

たいちさん

大勢の人出ですね。丁寧な解説有難うございます。私も一度は行きたくなりましたね。
by たいちさん (2013-02-05 16:42) 

めい

500記事おめでとうございます
何年前からなさって500なのでしょうか
すごい数です
コツコツと私も見習ってUPします^^

by めい (2013-02-05 19:57) 

ciscokid

500記事おめでとうございます。
私には夢の様な話です。
by ciscokid (2013-02-06 04:35) 

pandan

凄い人出〜商品も豪華ですね〜

500記事ですね
おめでとうございます。
by pandan (2013-02-06 05:02) 

ikuko

500記事、おめでとうございます^^
神社、賑わってますねー。
当選商品に車があるなんて、豪華!!

by ikuko (2013-02-06 12:47) 

めぎ

積み重ねですね~おめでとうございます!
by めぎ (2013-02-06 20:46) 

ヤッペママ

500記事を超えましたね。おめでとうございます。
盛大な節分祭ですね。露店が800店も出るのですね 凄い!
by ヤッペママ (2013-02-07 21:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。