So-net無料ブログ作成
検索選択

祇園祭 後祭宵山 [日記]

先週の土曜日、祇園祭の後祭の宵山に行ってきました。 

IMG_1939.jpg

 
後祭が復活して今年で3年目。前祭と違って夜店の出ない宵山は、前祭ほど混雑せず、のんびり歩けるのがいいです。
 
八幡山 祇園祭 
 
新町通三条下ルの八幡山は、秀吉が入洛の時には常宿としていたという三條町の町衆が、応仁の乱以前より護ってこられたそうです。この八幡山は、もともと下京に在った「若宮八幡宮」が、東山五条に遷された後に、ここに分祠されて祀られた八幡大神だとか。東山五条の若宮八幡宮は祖父母の家のすぐ近くだったので、なんとなく親しみを感じている山です。
  
 
誉田屋源兵衛 祇園祭
 
室町通三条下ルの黒主山の向かい側には、誉田屋源兵衛という帯屋さんがあり、7、8年前から創業を記念して、登り鯉の織物が外に掲げられています。鯉は毎年一匹ずつ増えるそうで今年は278匹。創業278年ということだそうです。
登り鯉、今年はカープの年になりそうですね。
 
 
野田家
 
後祭復活以前より、屏風祭もゆっくりとみられるようになった気がします。


藤井紋 祇園祭

藤井紋株式会社さんの屏風祭はいつみても素晴らしいです。
 
大船鉾龍頭 
 
幕末の1864年に禁門の変で焼失し、一昨年に150年ぶりに復活した大船鉾には、その船首に今年「龍頭」が取り付けられました。下絵も彫刻も残っていないそうですが、専門家の調査で江戸後期に瀧尾神社の龍の作者、九山新之丞・新太郎親子が彫った可能性が浮上したとのことで、それをモデルに製作されたそうです。
 
IMG_1982南観音.jpg 
 
大船鉾や綾傘鉾の御朱印はスタンプを自分で押すのではなく、ちゃんと毛筆で書いていただけるようです。 
 
 
鷹山 祇園祭 
 
同じく禁門の変による大火で御神体、鉦、一部の懸装品を残して焼失したという鷹山も、2026年の復活を目指してがんばっておられます。後祭の巡行で大船鉾の直前を巡行した「くじ取らず」の大規模な曳山だったといいますから、まだまだ先になりそうですが、なんとか復活されるといいですね。
 

橋弁慶山 祇園祭
 
こちらは毎年アップしている橋弁慶山。 
 
橋弁慶山 祇園祭
 
会所の2階に牛若丸と弁慶の人形が飾られ、
 
橋弁慶山 祇園祭
 
1階には五条の大橋や懸装品が飾られています。
 
鯉山 祇園祭 
 
そして鯉山。かつては「龍門の滝山」と呼ばれていたとか。中国黄河の上流にあるという難所の龍門を、鯉が登りきると龍になり祀られたという「登龍門」の故事を題材にしています。 カープがドラゴンズに変身するのか…
 
IMG_1999.jpg 
 
帰り道、こんなゴミ袋が道路わきに置かれていました。このマークを貼っておくと、市清掃局か業者が引き取ってくれるのでしょうか…。 
 
 
帰り際、北観音山の「日和神楽」を映した動画があるので、よければご覧ください。
「日和神楽」は翌日の巡行の無事を願い、 四条寺町の御旅所へお参りするもの。
街中に祇園囃子が響きます。 
 




 

 

 
 
 

nice!(112)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 112

コメント 7

JUNKO

歴史的に由緒のあるものが直にみられていいですね。
by JUNKO (2016-07-28 13:05) 

濱の寅次郎

流石!!都の祭りは風格が有り別格ですね。
死ぬまでに生で一度は観たい祭りです。
by 濱の寅次郎 (2016-07-28 18:05) 

風来鶏

後祭の宵山があるとは知りませんでした(^^;;
確かに、静かそうでユックリと見物出来そうですね(^_^)v
by 風来鶏 (2016-07-28 20:53) 

hatumi30331

やっぱり夜になると、情緒がありますね。^^
by hatumi30331 (2016-07-29 12:58) 

まこ

かずのこさんのお陰で
なかなか行けない祇園祭
楽しめました!!
帯屋さんの織物や屏風展
見てみたいです♬
by まこ (2016-07-29 16:01) 

あやっぴぃ

すごく多くの人々がこのお祭りに参加されているのがじっくり見て取れました。地元の人々の熱い思いが伝わりますね。
by あやっぴぃ (2016-07-29 17:15) 

馬爺

祇園祭の宵山は伝統の祭りをゆっくりと見れるのがいいですね、
by 馬爺 (2016-07-29 17:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0