So-net無料ブログ作成

祇園祭 宵々々山 [日記]

金曜日の仕事帰りに宵々々山をぶらぶらしてきました。


菊水鉾の祇園囃子。7月になるとあちこちでBGMとして流れはじめ、条件反射で夏の蒸し暑さを思い出してしまいますが、本物はやっぱり涼しげでいいものです。


14日は宵々々山。歩行者天国や露店は15日からなので、宵山に比べると人は少なめ。露店も無いので、いろんな臭いが流れてくることもあまりありません。通りの様子.jpg


占出山。神功皇后が肥前国松浦で鮎を釣って戦勝の兆としたという説話がモチーフ。占出山.jpg


神功皇后は古くから安産の神として祀られていたので、巡行のくじ順が早いとその年はお産が軽いといわれるそうです。
占出山2.jpg


今年はくじ取らずの長刀鉾の次、二番目の巡行です。

占出山3.jpg
占出山の会所では、女の子が ”安産のお守りはこれよりでます ご信心のおん方様は 受けてお帰りなされましょ ロウソク1丁献じられましょう。"と唄っています。


IMG_3852.jpg
会所一番奥に置かれた三条小鍛冶宗近作御太刀は国宝です。


山伏山.jpg
山伏山は傾いた八坂の塔を法力で直したというてしまったという山伏がご神体のモデル。


山伏山2.jpg
山が建ってから巡行までの間には聖護院から山伏がお参りに来られます。また会所の奥には無病息災を祈る茅の輪が設置されています。


舟鉾.jpg
こちらは船鉾。前祭り巡行の最後を行くくじ取らず。この鉾も神功皇后の説話がモチーフ。明治天皇がお生まれになった際には御所に参内したそうです。


舟鉾2.jpg
船鉾の舳先には金色の鷁(げき)が羽を広げています。この鷁は中国で水難除けに考えられた想像上の鳥だそうです。


舟鉾3.jpg
船鉾の近くには八海山が奉納されていました。どういうつながりがあるのでしょうか…。


木賊山.jpg
世阿弥の作といわれる謡曲「木賊」を題材にした木賊山。もう少し会所が広ければ近くでゆっくり見れるのですが…。そんな声があったのか昨秋には京都文化博物館で木賊山の懸装品の展覧会が開かれていました。


太子山.jpg
一番西の方の油天神山のあたりもたくさんの人。油天神の油は油小路にあるからで、油の神様ではありません^^;。


油天神山.jpg
山の横にある梅鉢医院さんの建物がおしゃれでした。


油天神山2.jpg
芦刈山の前掛けは山口華楊画伯の絵画を元にしたもの。山口華楊画伯の絵が好きなので、いつも芦刈山の会所には立ち寄ります。




芦刈山3.jpg
芦刈山は今年は山五番。くじ取らずの鉾が3基あるから8番目ということになります。


芦刈山4.jpg


山口華楊画伯の鶴図を原画とした見送りもいいな…

芦刈山.jpg



山鉾巡行で、かつては参加者をお茶でもてなすための茶道具を入れて運んだ”荷(にない)茶屋”。たしか担ぐところの木材はかつてはなかったと思いますが、こうして展示する方が担いで運ぶというのがよくわかりますね。芦刈山2.jpg



そろそろどこの会所も閉まる時間帯になったので帰路に着きましたが、蟷螂山がきれいにライトアップされていたのでパチリ。
蟷螂山.jpg



子供の頃は祇園祭に連れられてきても退屈で、蟷螂山くらいにしか興味を示さなかったのを覚えています^^;蟷螂山-(2).jpg




IMG_3893.jpg
今日16日の日曜日が宵山。明日の巡行も祝日だし、ものすごい人出になるんでしょうね…。

昨日の京都は36℃。お出かけになる方は、熱中症や急な豪雨にお気を付けください!



nice!(96)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 96

コメント 5

green_blue_sky

音楽で気分が味わえます~
by green_blue_sky (2017-07-16 12:33) 

hatumi30331

ありがとうございます!
祇園祭ですね〜
もう長い事行ってない!
気分を味わえました。
by hatumi30331 (2017-07-16 12:45) 

JUNKO

居ながらにして祇園祭を楽しむことができました。ありがとうございます。
by JUNKO (2017-07-17 22:03) 

笠原嘉

京都は観光客で溢れて(あふれて)いる
さうですね。行ってみたいと思うのですが。
金閣寺を観たいのです。

今後ともよろしくお願いします。 ^^
by 笠原嘉 (2017-07-18 22:41) 

yoriko

お祭りの笛の音色が郷愁を呼び起こさせますね
地元の方々は勿論全国の方々も楽しみにしていたお祭りだと思います
さすが日本を代表するお祭りです
by yoriko (2017-07-19 12:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0